au・ソフトバンクの「テザリングの有料化」が納得できない理由:Engadget

これには同意ですね。

容量で制限されているのにも関わらず、その接続機器の特定まで制限することが必要なのか疑問です。

繰り返しになりますが、ユーザーが利用するデータ容量分の料金を支払っているので、その中身がPCやゲーム機だろうがスマートフォンだろうが、トラフィックとしては大きなインパクトがないのであれば、テザリングをキャリア側が制御すべきことなのかどうか。

もちろん、テザリングが必要不可欠でキャリアも変更できない場合は、オプション料金を支払わざるをえないでしょうし、月額料金が適正という考え方もあるでしょう。個人的には、「テザリングをオプションとしてキャリアが制御すべきか」「そのオプションに料金を取るか」という2つの点で、今回の有料化には疑問を抱いています。

au・ソフトバンクの「テザリングの有料化」が納得できない理由 – Engadget 日本版Engadget JapaneseEngadget Japaneseshareshareshareshareshareshareshareshareshareshareshareshareshare

4月1日から、auが一部料金プランでの「テザリングオプション」の有料化に踏み切ります。これまでは期間限定で無料提供されていたオプションが有料化されるため、該当するユーザーは、3月31日までにオプションの解除をするかどうか判断をする必要があります。

ソフトバンクも、3月末までのキャンペーンでしたが、移行期間として5月3…

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で