無理せず健康的にダイエット、「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」でバターコーヒー を知る

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」は以外と専門用語が多く、理解しにくいが科学的な根拠を踏まえて書かれています。

一度読んだだけでは理解ができず、何度か読み返しています。それでも常に新しい発見があります(ww)

筆者はアメリカの方なので、日米の食生活や体型でどこまで日本人に合うかはわからないけれども、参考になることは多いです。

一躍有名になったバターコーヒーもその一つです。

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事
デイヴ・アスプリー
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 602

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

ポイント

  • 朝食のバターコーヒー(MCTオイル+グラスフェッドバター)
  • カビ毒の影響を避ける
  • 低炭水化物・低グルテン・高品質脂肪・高タンパク
  • 野菜多く・乳製品と大豆少なく
  • こまぎれの断食(6時間以内の食事)
  • 果物・炭水化物・でんぷんは夜に摂る_
  • キシリトール・ステビア・ブドウ糖は○
  • 飲み物はコーヒー・緑茶
  • 脳に栄養が少ないから太るものを食べたくなるのが抑えられない
  • 同じカロリーでも消費されやすいものとそうでないものがある
  • 睡眠 6.5時間
  • 週1回のウェイトトレーニング
  • 草を食べて育った牛からとれるバター(グラスフェッドバター)と、MCTオイル、カビのない良質の豆からできたコーヒーをよく攪拌して朝飲む

    (良質の脂肪を摂ることで脳に直接栄養が行き渡り、頭は冴えわたり、仕事ははかどり、空腹を感じない)

    14時頃に昼食、18時頃に夕食を摂る

    夕食から朝食の食事までの時間を16時間空ける

    この「夕食から朝食までの16時間」は、いわゆる糖質制限の時間帯です。

    結局は「糖質制限」

    シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」を何度か読んでいくと、結局は糖質制限がポイントであることがわかりました。

    糖質制限については、この本ではなく、江部先生の本やケトン体について書かれた食事法の本などで理解を深めました。

    人類最強の「糖質制限」論 ケトン体を味方にして痩せる、健康になる (SB新書)
    江部 康二
    SBクリエイティブ
    売り上げランキング: 7,281

    著者はアメリカ人なので日本食だと難しい部分もありますが、その方法はなるほどと思う情報の積み重ねです。

    そのためには、それなりのお金と努力が必要ですが、なぜその時間に食事をとり、次の食事までの時間を空けるのか?

    など、その理由、ポイントをを理解することで自分なりの体質改善やダイエットができると思います。

    いよいよ私のダイエット方法についてです。

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    Twitter で